ニードルキーパーを使った治療法

ニードルキーパーとは、リウマチ治療の際に使う補助具です。

発明のアイデアから特許取得まで実に9年を要しました。

チョット自慢です。

何しろ特許出願から取得に際し特許庁に行き、掛け合うまではいかなかったのですが、相談まで行って必死に行った結果でした。

なぜこのような器具を発明したかと言うと、リウマチのように浅い深いで測ると、深い病気は自然治癒力では太刀打ちできなくなっています。

そこで外から気を補ってやらなければなりません。

気イコール体の中を流れる電流なので、これを強めてやろうと考えました。

しかし高麗手指鍼は皮膚に2から3ミリほどしか刺しません。

これに電流を流すクリップを付けることはできません。

そこで鍼とクリップを結びつける仲立ちをする、この器具を考えたわけです。

頭の中でイメージしても実際に作り始めると困難があり、発想してから特許申請書を整えるまでには、どの発明も同じように3年は係りました。

このニードルキーパーがあることで、糖尿病や糖尿病に発症する神経障害、がんなども、自信を持って治療が行えるようになったというわけです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ