リウマチの鍼治療 完成です

リウマチは二千年以上前から知られ、原因の究明がやっと最近になり解明されました。

手のひら先生スタイルのリウマチ治療として高麗手指鍼に新しい理論を持ち込み、治療を続けてまいりましたがついに完成したことを証明されました。

お二人の患者さんが血液検査ですなわち西洋医学的にも、リウマチが完治し克服したことを証明されたのです。

自然に自己治癒力が働いた以外、治療で完治ということは歴史上初めてのことです。

寛解などということではなく、完治できたということです。

不治の病などと恐れられていたリウマチ 関節リウマチも、つい最近に成って免疫疾患で起きることが解明されました。

それも人間の進化とともに高度化されてきた免疫システムが、異常事態に成って起こるのだとわかったのがほんの最近のことなのです。

人間は4億年前は魚だったそうです。それが進化して鳥になりさらに人間へと進化したという次第です。

魚から鳥になるときに大きな変化がありました。外形だけではなく内蔵も免疫システムも大きな変化が起きました。

魚のときに備わっていたのが原始免疫と呼ばれ、外敵と戦うが自分の組織も壊すという免疫システムでした。

このシステムを正常にする方法で、この20年弱治療し効果を上げていました。

しかし寛解までであって、完治といえるところまでは届かず、血液検査数値も大幅な改善までは届きませんでした。

ここ1年ほどで理論の完成と治療技術の改善で、リウマチ治療は完成いたしました。

サイト名「手のひら先生のリウマチ相談室」に載っています、関節リウマチには完治された方の血液検査表を載せています。

いまお一人の表も近日載せる予定です。

膠原病もがんなども免疫疾患にくくられます。

人間の進化を理解し免疫システムの進化をなぞれば、あとはその治療理論どおりに技術を施せば、人間の保つ力が働いて病気は克服できるということです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ